Canon EOS 1Ds MarkⅢ
キヤノンやニコンのカメラ・レンズを高価買取【カメラ買取専門ドットコム】

キヤノンデジタル一眼レフ

Canon EOS 1Ds MarkⅢ 買取価格詳細

Aランク ABランク Bランク
80,000 70,000 60,000

Canon EOS 1Ds MarkⅢ

Canon EOS 1Ds MarkⅢ

EOS 1Ds Mark IIIと言えば、2004年11月に発売されたEOS-1Ds Mark IIの後継機種で、35mm判フィルムカメラとほぼ同等のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、有効画素数が約1670万画素から約2110万画素にアップしました。撮像素子の赤外吸収ガラスに帯電防止処理を施し、EOS-1D Mark III同様の超音波振動させることでダストを落とすセルフクリーニングセンサーユニットが搭載されました。また耐久性も向上し、シャッターユニット耐久回数が20万回から30万回に向上しました。画像処理エンジンはデュアルDIGIC IIIが搭載され、バッファ容量も1Ds Mark IIの2倍となり、5枚/秒の連写速度と、JPEGラージで56枚、RAWで12枚、RAW+JPEGラージで10枚の最大連写枚数が実現しました。その他新たに30fpsのライブビュー機能が搭載され、液晶モニターも3型TFTにサイズアップしています。EOS 1Ds Mark IIIは現行でプロユースに耐えうるスペックであり、まだまだ高価買取機種として人気があります。

特徴

  •  約2110万画素/高感度・高解像度大型単板CMOSセンサー
  •  自動センサークリーニング機能搭載
  •  RAW(sRAWも可)+JPEG同時記録可能
  •  記録メディア間でコピー可能なデュアルスロット
  •  視野率100%ペンタプリズムファインダー
  •  測距輝度範囲EV -1~18(常温・ISO100)
  •  100~1600(1/3、1段ステップ)、およびISO50(L)、3200(H)の感度拡張が可能
  •  ライブビュー可能な3.0型TFT式カラー液晶モニター
記録画素数(有効画素) 約2110万画素
感度(ISO感度) 100~1600(1/3、1段ステップ)
記録フォーマット JPEG、RAW
連写性能 最高約5コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒、バルブ
発売年月 2007年11月