Nikon D610 ボディ
キヤノンやニコンのカメラ・レンズを高価買取【カメラ買取専門ドットコム】

ニコンデジタル一眼レフ

Nikon D610 ボディ 買取価格詳細

Aランク ABランク Bランク
60,000 55,000 50,000

Nikon D610 ボディ

Nikon D610 ボディ

ニコンD610と言えばフルサイズ一眼レフのローエンドを受け持つモデルで、2012年9月に発売されたD600の後継機です。撮像素子は35.9×24mmサイズの有効画素数2426万画素CMOSセンサーで、ローパスフィルター付きモデル、連写コマ数、静音時の連写モード、ホワイトバランスの向上以外はD600と殆ど変更は見られず、D600の一部で問題になっていたゴミ問題の対策をしてマイナーチェンジをした機種であるとも言われています。D610は、FXフォーマットで約6コマ/秒の連写速度と、100コマまでの高速連続撮影が可能になりました。また「Qc」の静音連写モードが加わり、シャッター音を抑えつつ約3コマ/秒の連写が可能になっています。画像処理エンジンはEXPEED 3を継承、ISO感度は、常用範囲がISO100-6400と変わらず、拡張範囲はLo 1.0(ISO50相当)からHi 2.0(ISO25600相当)までである点も変更はありません。初めてのフルサイズとして改良を加えられた熟成モデルとしての人気も高く、高価買取機種です。

特徴

  •  FXフォーマット・2426万画素ならではの高画質を実現
  •  画像・映像を思い通りに仕上げるピクチャーコントロールシステム
  •  D4、D800に採用の優れた高速処理能力を発揮する画像処理エンジンEXPEED 3
  •  進化したオートホワイトバランスにより自然な色再現を実現
  •  見た目に近い明るさを高画質で再現するアクティブD-ライティング
  •  FXフォーマットで約6コマ/秒、100コマまでの高速連続撮影
  •  優れた被写体捕捉性能を実現した高密度39点AFシステム
  •  ニコンFXフォーマットモデル中、最小・最軽量の小型・軽量ボディー
記録画素数(有効画素) 2426万画素(有効画素)
感度(ISO感度) 標準:ISO100~6400 拡張:ISO50相当、25600相当
記録フォーマット JPEG/RAW
連写性能 6 コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒
発売年月 2013年10月