デジタルカメラの種類について
キヤノンやニコンのカメラ・レンズを高価買取【カメラ買取専門ドットコム】

デジタルカメラの種類について

デジタルカメラの種類について

現在持っているカメラを買取専門店に売却して、新しいカメラの購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。カメラの買取依頼をお考えの方は、ぜひカメラ買取専門ドットコムをご利用下さい。業界最高レベルで高額買取させて頂きます。

こちらでは、デジタルカメラの種類についてご紹介します。キヤノン、ニコンなどカメラメーカーから様々なカメラが販売され、購入する際は用途を考慮して、悩んで購入されることと思います。
こちらのページをカメラ選びの参考にしてもらえれば、幸いです。

コンパクトデジタルカメラ

軽量で携帯性に優れていることが特徴となっています。光学式ファインダーがなく液晶画面や電子ファインダーを用いて撮影するカメラです。一般的にはレンズ交換がなく、お手頃価格で購入できるので、カメラ初心者におすすめです。取り出しやすく持ち運びやすいので、気軽に写真を楽しむことができます。

ミラーレス一眼レフカメラ

コンパクトデジタルカメラと同様に光学式ファインダーがなく、液晶画面や電子ファインダーを用いて撮影するカメラです。デジタル一眼レフカメラと比較した場合、以前はオートフォーカスが遅い、画質があまりよくないなどの欠点が問題となっていました。しかし、最近では性能や機能が向上した製品が多く販売されています。レンズ交換が可能なので、幅広い撮影が可能となっています。また様々なデザインのカメラが製造されているので、選ぶ楽しみがあります。価格も安価なものから数十万円の高額なものまで揃っています。

デジタル一眼レフカメラ

光学式ファインダーでレンズから入った光をそのまま投影する構造になっています。ファインダー越しの映像がそのまま撮影できるのでクオリティーの高い写真を撮影することができます。通常のカメラでは撮影しにくい夜景や夜空の撮影が可能となるぐらい高画質です。安価なもので3万円前後、高価なもので50万円ほどが相場となっています。なかには、レンズが別売りになっているボディ単体で販売している製品もあるため購入する際には注意が必要です。