デジカメのお手入れについて
キヤノンやニコンのカメラ・レンズを高価買取【カメラ買取専門ドットコム】

デジタルカメラの種類について

デジカメのお手入れについて

使用した後のデジカメは、顔や手の油分で意外と汚れているものです。
そのままお手入れをせずに放置してしまうと、カビや変色、レンズの劣化の原因にもなってしまうため、撮影後はお手入れを行う習慣をつけると良いでしょう。

必要な道具

デジカメのお手入れをするために、最低限でも揃えておきたい道具が以下の道具です。
これらの道具は、カメラ店で購入することが可能です。

  •  クロス布(メガネ拭きでも代用可)
  •  エアブロアー
  •  ブラシ
  •  綿棒
  •  レンズクリーナー(無水エタノールでも代用可)

お手入れの手順

  1. まずはブラシを使って、カメラに付着している砂やホコリなど払い落としましょう。最初からクロスなどで拭いてしまうと、細かい傷がついてしまう恐れがあるため注意が必要です。
  2. 次に、クロスを使ってデジカメ全体をキレイに拭き取ります。特に汚れやすい、グリップ周り・ボタン・ダイヤル・ファインダ部分も忘れずに拭き取りましょう。
  3. 汚れのひどい部分があれば、レンズクリーナー液、または無水エタノール液を綿棒に少量浸し、汚れを拭き取りましょう。
  4. 次に、レンズ周りをお手入れします。ガラス部分はエアブロアーを使ってホコリを飛ばし、油汚れなどがついていないキレイなクロス布で優しく汚れを拭き取ります。
  5. 電池・メディアを収納する場所のホコリやゴミを、エアブロアーを使って飛ばします。
  6. お手入れが終わったら、最後に動作確認をしてからデジカメケースに収納しましょう。

撮影中のレンズ汚れに便利なレンズティッシュペーパー

レンズ表面は常に外部に晒されているため、汚れが付着しやすく、汚れがそのまま画像にも写りこんでしまいます。撮影中でも汚れがあれば、すぐに拭き取れるようにレンズティッシュペーパーなどを携帯しておくと安心です。

きちんとお手入れをしていれば、古いものでも良い状態を保つことができます。状態が良いデジタルカメラは手放す際にも高値で取引される可能性が高くなります。
大切にお使い頂いたデジカメの中古高価買取をご希望でしたら、カメラ買取専門ドットコムにお任せ下さい。他社様よりも査定の判断基準が多いため、結果的に相場価格よりも高価・高額で買取らせて頂くことが可能です。