デジタル一眼レフの魅力
キヤノンやニコンのカメラ・レンズを高価買取【カメラ買取専門ドットコム】

デジタル一眼レフの魅力

デジカメのお手入れについて

デジタルカメラには大きく分けてコンパクトカメラと一眼レフカメラがあります。大きくて重たい一眼レフカメラが人気なのはなぜなのでしょうか。

レンズ交換が可能

デジタル一眼レフでは、遠くのものを大きく写したいときには「望遠レンズ」、花や昆虫など小さなものを大きく写したいときには「マクロレンズ」など、被写体に合わせてレンズ交換を行います。
同じ本体でも、状況に合わせてレンズを付け替えることで、カメラは最高のパフォーマンスを発揮することができます。レンズ交換による調整はデジタル一眼レフならではの魅力です。
また、キヤノンやニコンなどはレンズのラインナップが豊富に揃っているため、レンズを選ぶ楽しさも味わうことができます。

画質の良さ

デジタル一眼レフ最大の魅力といえるのが画質の良さです。同じ1000万画素であっても、「デジタル一眼レフ」と「コンパクトデジタルカメラ」では、写真の仕上がりが全く異なります。画質を左右する要素として「イメージセンサー(撮像素子)の大きさ」があり、大きいほど写真がキレイに仕上がります。
一般的なコンパクトタイプのデジカメでは(7.6×5.7mm)や(6.2×4.6mm)、一般的なデジタル一眼レフでは(3.5×15.7mm)というように、イメージセンサーの大きさは全く異なります。
同じ画素数であってもイメージセンサーの大きさは異なるため、コンパクトデジタルカメラでは、デジタル一眼レフのようなキレイな写真を撮ることができないのです。

性能が桁違い

コンパクトデジタルカメラの場合、光の少ない場所ではフラッシュをたいて光を確保します。しかし、フラッシュをたくと色味が不自然になりますし、フラッシュをたかなければシャッタースピードが遅くなり「手ぶれ」が起きてしまいます。
一般的にデジタル一眼レフはレンズ口径が大きいため、多くの光を取り込むことができ、同じ環境でもフラッシュが不要になる場合が多いです。カメラやレンズの種類によっては、イルミネーションでさえも手ぶれすることなく、キレイな写真を撮ることが可能です。
その他にも、素早さと正確性に優れたオートフォーカス性能、シャッターチャンスを逃さない連写機能など、基本性能が高いデジタル一眼レフであれば、初心者でもキレイな写真を撮ることができるのです。

「高性能デジタル一眼レフが欲しいけど、予算が厳しいな」という方は、不要なカメラを高価買取に出してみるのも一つの手段です。
不要なカメラがございましたら、カメラ買取専門.comへご依頼下さい。豊富な実績で、商品を相場よりも高額で落札してもらえるノウハウを蓄積しております。ホームページでは、キヤノンやニコン、レンズなどの中古買取価格表もご覧頂けます。