デジタル一眼レフカメラの保管方法
キヤノンやニコンのカメラ・レンズを高価買取【カメラ買取専門ドットコム】

デジタル一眼レフカメラの保管方法

デジタル一眼レフカメラの保管方法

一昔前は男性の趣味というイメージが強かったカメラも、最近は女性の間でも人気を集めています。カメラ女子の言葉もよく耳にするようになりました。 中でもデジタル一眼レフカメラは新品だけでなく、中古カメラとしても需要が高いです。 将来的に買取を検討している場合、相場よりも高価買取をしてもらうためには、日頃からの保管方法が重要となってきます。こちらではデジタル一眼レフカメラの保管方法をご紹介します。

湿気・ホコリが多い場所は避ける

デジタル一眼レフカメラをはじめ、様々な種類があるカメラは非常に繊細です。そのため、保管方法が間違っているとレンズにカビが生えたり、内部にホコリが蓄積されたりします。例えばカビは通常、湿度が60%を超えると発生しやすくなると言われています。60%以上の湿度が持続するような場所を避け、湿度40%から50%をキープできる場所に保管しましょう。

除湿ケースに保管しよう

カメラバッグに保管する方も多いと思いますが、季節によっては保管に適さない場合があります。そこでおすすめなのが除湿ケースです。一見すると小さめの衣装ケースですが、フタの裏側に乾燥剤用のポケットがついた物などがあります。ドライボックスよりもリーズナブルな価格で購入できるので、カメラ初心者にも安心です。

定期的にカメラを作動させる

カメラに限らず、機械は長期間作動させずに放置しておくと、次第に調子が悪くなる場合があります。その結果、カメラの故障に繋がり、買取サービスを利用できない可能性も考えられます。早期の故障発見も兼ねて、月に1度は動作確認を行うことをおすすめします。

正しい保管方法でデジタル一眼レフカメラの状態を長持ちさせましょう。

カメラ買取専門ドットコムではキヤノン・ニコンの中古レンズ、デジタル一眼レフカメラの高額査定・買取サービスをご提供しております。
相場の幅が激しいレンズも高価買取が可能です。交換レンズ・三脚・ストロボなどのカメラ用品や、他社メーカーのデジタル一眼レフカメラの買取も承っております。